6/14/2009

やっぱり朝がいい

Sunday Surviceから帰宅して昼食。梅雨入りしましたがあまりに天気がいいのでちょっと出かけてきました。市内を抜けるのに、水温計に冷や汗しました。ガンガン上がってきます。すかさずヒーターをOnにして…今日はお伴なしで良かった。幼児なら間違いなく熱中症です。

市内を抜けていいペースで走るようになると問題なしで、気持ちよく流しました。


小休止のポイントで冷たい缶コーヒーを飲みながら、木陰でパチパチ撮ってみました。


この姿は、なかなか好きです。
団扇であおってやりたくなるような雰囲気です。


やはりこの角度が一番いい眺めです。ただし、眺めるのはクルマだけです…



キャリパーが窮屈に収まっているのも好みのポイントです。
このキッツキツな感じが好きです。


ただ、昼ランは熱すぎです。やっぱりランは朝がいい。


2 件のコメント:

momo-cafe さんのコメント...

 朝ラン…わかります。私もウーノターボ時代は、渋滞で水温計上昇、真夏にヒーターONという経験
多々ありました。当時札幌から小樽は部分的に1車線だったので、当然渋滞し、ウーノで行くと大変な目に遭いました。
 ボンネット開けたサンクの姿、格好いいですよ。特に前ヒンジの車って、こういう姿が絵になりますよね。ビートもランチャストラトスのように(ちょっと言い過ぎ?)ガバっとボンネット(カウル)が開くので、これまたお気に入りです。

ヒロっち さんのコメント...

momo-cafeさんへ

ウーノターボもそうでしたか。
クルマも人もアッツアツこそ、スポーツカーですね。
主治医が、「スポーツカーとは、ドライバーにスポーツさせるクルマである。そういう意味では、近頃スポーツカーが無くなった。」といってました。深いぃです。

ビートはカウルが開くのですか!カッコイイ!

デルタS4、037、ストラトス…ガバッと開いたカウルにメカが頭つっこんでるグループBのビデオを思い出します。