4/11/2009

ガソリン漏れ修理と…

朝からそそくさと用意して、R5GTTとともに主治医のところへ。

「ホースが緩いね」
エアインテイクまわりをあっという間に一部ばらして、ホースバンドを確認。真ん中のタツノオトシゴの口に右に回したホースが差し込んであります。
「このホースバンドが悪いね」ということでした。
どうやら緩みやすい形状のようです。



燃料ホース全交換を一応覚悟していったのですが、ホース劣化は問題なし。
手は私の手で、主治医がバンドを取りに行っている間にパチリ。










主治医曰く、バンドのまとめ受け部分に段差があるタイプは均等に締め付けがかからないで段差部に圧漏れができるという理屈。な〜るほど。で、極力段差の少ないタイプに交換しました。写真は、持ち帰った古いバンドです。交換前の新品は、作業の邪魔になるので写真を撮りませんでした。

出来上がりは、本日の天気のようにカラ〜リと。作業前のガソリン漏れてるところは撮ってないんだな〜。カラ〜リの写真は帰ってからゆっくりと…で撮りませんでしたが…

エアインテイク周り脱着の折、エアコンホースの固定パーツが落ちて、それを拾うためにリフトアップ。
その際、念のため各ホイルをガクガクやると、左フロントにガタがあり、「ハブベアリング交換やね〜」となっちゃいました。こないだ車検やったのに…。そうなんです。少しずつ回してガクガクやると、ガクガクなるところは一部の回転角だけで、ほかではしっかりなんです。一難去ってまた一難。まあ、これくらいならかわいいもんでしょうし早期発見できたので、よしです。キャリパーとホイルのクリアランスがほとんど無いので、酷いことなる前に修理できればOKです。というわけで、ガタのあるのを運転して帰るのも気持ち悪いので、R5おいて電車で帰宅しました。

帰りのJR各務ヶ原駅。無人のなかなか味のある駅です。

2 件のコメント:

momo-cafe さんのコメント...

 サンク、早期発見のようで何よりです。ガソリン漏れはやっぱり怖いですよね。前乗ってたウーノは、とにかくガソリン臭い車でした。おそらくちょっとずつ滲んでいたか、漏っていたんでしょうね。

 サンクを入院させても、ルーテシアがあるというのは複数所有の強みですよね。
 それにしてもルーテシアRSでワインディングを攻めたら楽しそうですね。何だかこんな車、国産にはないんですよね。

ヒロっち さんのコメント...

momo-cafeさんへ

滲んでいる程度で対処できたのは良かったですしハブベアリングもたまたま発見で助かりました。距離に関係なく、マメに主治医に診てもらうのは大事ですね。

複数台数は「強み」もあり、「楽しみ」もありますが、チッとタイ〜ヘンですけど。

ルーテシアRSは実に気持ちいいクルマです。一般道ではその限界を知ることが出来ませんから、クローズドに持ち込みたい欲求に駆られます。ただ、国産のみならずBセグメントが大型化の傾向にありますから、もうこんなクルマは正規輸入でじゃ出てこないだろうと思って、大事に乗りたいですね。