12/15/2008

なれそめ4

ムルティプラとルーテシアRS

全く違うコンセプトの車で、それぞれの趣向がそれぞれ
に運転して楽しいのですが、

ちょっと物足りないところがありました。

それは、いずれもチョ〜運転が楽なこと。楽すぎるん
です。

そりゃ〜オートマの国産車に比べたら楽じゃないけど、なんだかもう少し機械的な味わいがほしいんです。両者ともやはり現代の車で、すべてコンピューター制御されていますから。

そんなわけで毎日夕食後に、あちこちの旧車屋のホームページを憧れながら見るのが楽しみになっていました。

で、RedPointのM氏に「キャブの車が乗りたいんだな〜」とこぼしていましたが、
まさか現実になるとは…

2008年5月7日、何の気なしにいつも調子であちこちのクルマ屋のホームページを見ていたら、RedPointのトピックスに「R5GTT入庫しました」とあるじゃ〜ないですか。

何を思ったか、いくつかの預金通帳の残高をチェックして、「いける!!」と思いきや、
もう翌日の昼休みには電話をしてました。

M氏「反応早いね。電話してくると思ってたよ。キャブ車だし旧車入門用にはちょうどいいよ。程度は最高だし。」
「土曜日に見に行きます。」即答。

もう、土曜日が待ち遠しくて…

当日は朝早くから準備して速攻で…

すでに何人か見に来てました。
M氏「もうツバついてるからだめだよ〜」
「そのツバ、俺の?」
M氏「そう」

早速試乗で、もう心を奪われました。多くを語る必要なし。

ギャラリーから、「どうでした」と聞かれ、「大事にしてくださいね。これだけいいサンクはそうありませんから、ズタボロになったこれを此処で見かけたら、みんな許しません!」

まだ決めたわけではないので、しかも家内の許可も出てないのに、
クルマをやめられない連中には顔を見るだけで解る何かがあるんです。

返事は数日待ってね〜なるべく早く返事するからと言い残して…

帰宅後、家内に相談。
「A110やR8Gをあきらめるんだったら、いいよ。」
え、そんなに簡単にOKしてくれるの〜と聞くと、
「いろいろがんばってるから、誕生日のビッグ・プレゼントだ!」そうです。

実は、しばらく前から旧車のために少し蓄え始めてたので〜


トントン拍子に話が進んで怖いくらいだったので、
3日間熟考して、購入決定!!で、
これです。
信じられないぐらい、オリジナル塗装がツヤツヤです。
内装も全く日焼けしていません。

6月21日に納車して、現在およそ6ヶ月。週末の天気のよい日に引っ張り出す程度ですからあんまり乗ってません。

ほとんど、屋根付き車庫でボディーカバーかぶって、静かに出番を待ってます。
(ギャラリーがプレッシャーをかけるので、JRCのボディーカバーを購入しました)
これまで1000キロいってないくらいです。

こいつのおかげで、週末が待ち遠しくなり、
ジュニアシートもつけずに後部座席に4人詰め込んで、
ポリスに会いませんよ〜に〜と祈りながら、楽しんでいます。

6ヶ月間のトラブルは、これといってなし。
ホーンが突然鳴らなくなったことがありましたが、リレーの錆び付きでした。
あとは、オイルをちょっと前に交換したのみ。
納車時に電気系のリファインや、アライメント調整。
オルタネーター、フューエルポンプを交換して、
結構万全を期しています。
前オーナーが1年前にドライブシャフトのブーツやらいろいろを交換整備していますので、
かなり安心度の高い個体です。

懸案はタイヤと前シートのアンコからきなこがポロポロ。
タイヤは前オーナのチョイスのままです。ちょっとサイドウォールがたちすぎ。変えたいけど、まだもったいない。
シートは我慢できるレベル。そのうちに…

こんなところです。

0 件のコメント: