11/30/2008

なれそめ1



2005年6月からFiat Multiplaに乗り始めました。

いわゆる新顔のデリバリーが始まり、旧顔のディーラー在庫終了という時でした。
当時まだ、現在のAR岐阜がアレーゼ岐阜でした。
アレーゼのT氏に「旧顔がいいんですけど…。」と私。
T氏「もう在庫ないよ。今だと岐阜で第一号だからこっちの方が目立つよ!」

(写真は2008年9月に撮影のものです)

と、適当な事を言われ、納得した次第です。
「まあ、乗ってしまえば外は見えないでしょ。」と妻。なるほど〜。(私)

そもそもムル購入のきっかけは、家族構成の変化でした。

それまで、英国SUVに乗っていました。
’91年初年度登録でしたのでだいぶヤレてましたし、エアサスの調子が良くなかったので、
思い切ってセミレストアを計画していました。
見積もりまで依頼して部品の手配を始めたところに…

  我妻、4人目の子どもを身籠もる!

6人家族になるじゃん。ちょっと、あれ、5人乗りじゃん。ベビーシートがつかないや…。

ショップに訳をはなし、「めでたいことだからいいよ」と。

それから、6人乗れる車探しが始まりました。


だいたいそれまで、イタ車なんて壊れる車誰が乗るか〜と思ってましたから、
ムルなど知るよしもなく、

「国産ミニバンか〜しょぼいな〜しょうがないな〜」と思っていたところに、

6人乗りミニバン→ホンダ・エディックス→Fiat Multiplaを徹底的に分析して開発
→Fiat Multipla?→なにそれ、知らんよ?→カタログ!→ディーラー直行→試乗!
→内装がチープやな〜。でも運転おもろ〜!
→妻に、「おもろい車見つけたよ。マニュアルしかないけど、もう決めた!」
 妻は、「私マニュアルなんか乗れんよ!」
 私  「免許はマニュアル免許やから、練習したら何とかなる。」
 妻  「まあ、私の車があるからいいけど…(初代VWポロ・嫁入り道具)」

というわけで、6月納車、10月第4児出産予定を待つのみ〜とあいなりました。

そんな感じで始まったイタ車生活ですが、別に何かに打ち込んでいくわけでもなく、
距離が来たからオイル交換、時期が来たから定期点検〜と、
淡泊なムルとの付き合いが2年間。
妻が外出しないときにはポロで出勤、外出するときにはムルで出勤。
家族みんなで出かけるときには、ベビーシート・チャイルドシートを合計4つで、
ムル6人満載で出動。

ところが、である。
仕事場から帰宅途中・信号待ち時に、
走行中にポロのステアリングボスから微かにあがる白煙。見る間に室内は白煙が充満し…汗。
急いで換気、その後何もなかったかのように静まる室内。
嫁入り道具とはいえ、このポロけっこう年季が入ってましたから、そろそろ限界かも…

セカンドカー乗り換え計画がはじまったのでした。(続く)


0 件のコメント: